D.D.Sound(DDサウンド)

1977年から1981年にヨーロッパを拠点に活動したディスコミュージックグループ。
D.D.Soundは、「Disco Delivery Sound」を表し、意味している。男性1人、女性2人をメインにした3人組。当時のレコードの紹介文でも『ファッショナブルなダンスとセクシーなボーカルをきかせる二人の女性マリーとドォティの人気は凄まじいものだ』と書いてある。がっ!!『詳しいプロフィールが現段階では分かりませんが…』とも書いてある(苦笑)
はい、本当に謎のグループ(笑)調べるの苦労しました(^^;
プロデュースは、La Bionda。イタリアのwikiによると、イタリアのディスコミュージックの発明者と考えられる兄弟CarmeloとMichelangelo La Biondaにより形成された音楽的なデュオだとされる。イタリアのレーベルBaby Recordsからレコードをリリースさせた。




「Disco Delivery」’77年

1stアルバム。
“Shopping Baby”、”Disco Bass”といった曲が評判となった。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!ライ♪(日本では、当時未発売だった。)

※あなたのLPをきれいに保存しようっ!!

お名前.com

「1-2-3-4… Gimme Some More!」’77年

2ndアルバム。なんていっても、“1~2~3~4 Gimme Some More!”キタ――(゚∀゚)――!!当時のお姉さまがノリノリで踊り、これがなきゃディスコじゃない!!なんて方もいると思われる名曲。日本のダンスフロアでは大ヒット!!
さあさあ、踊ってください♪いってらっしゃいませ~ヽ( ゚ 3゚)ノ

自分好みのオーディオを見つけようっ!!

「Café」’78年

 3rdアルバム。『踊って汗もかいちゃったし、のどが渇いたなぁ。』「あ、カフェでもいっとく??」『え?Café!?』
いやいや、それは困るよ、まだまだ踊れってかっ!?
「いや、そっちのカフェじゃないんだけどな…(ノ_-。)」『さぁ、踊るわよ!!!』
もう説明不要の”Café”でございます。前曲よりも知名度はこちらの方が高いかな。これで踊らなきゃ嘘でしょ!?

それ以降のアルバム

「The Hootchie Cootchie」’79年

D.D.Soundの曲は、iTunesでもアマゾンでも見つからないので
お探しの方は、ヤフオクかタワレコをお勧めします<(_ _)>

Bluetooth コンパクトスピーカー♪どこでも音楽が聴けてhappy♪