古いMacbook ProをSSDでパワーアップ

ハードディスク満タンでMac頓死


ずっと可愛がっていたMacが死にそうに、、、原因はハードディスクが満タン。

しばらく映像関係からは遠ざかってたんですが、iPhoneでイベントなどを記録してるうちに絵映像が増えてしまっていました。同期するたびにでかい映像ファイルがMacへ。iPhotoの設定でUSBに保存するようにしておけば良かったのですが、その作業をはしょりました(–)


スワップも使えない状態になり、これは困った。メモリは4GBだからスワップが作れないとアプリの起動がかなり重くなる。で、ほとんど動かない状態に。。。泣

元々、パソコン内の整理が苦手な管理人ちこですから、iPhotoやiTuneの音楽ファイルやらを整理する気力があるわけでもなし。苦笑 とにかく、使い物にならなくなってしまったMac君を復活させねば。

結局、手っ取り早くハードディスクを500GBへ交換することにした。ついでながら、HDDではなくSSDに、と欲をかきました。

購入したのは、Micron製crucial、MX200 SSD(500GB)。性能がよいらしい。SSDも色々ありますが、体感速度はどあまり変わらないとの評価が多いようでしたが。互換性をあまり考えずに買ってしまったので、使えなかったらほったらかしのWindowsを入れ替えればいいか、程度の危機感で購入決定。Amazonが一番安かったです。最近は、こうゆうものもアマゾンで購入するのが賢い気がする。価格設定にもかなり気合が入っているし。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 MX200 2.5インチ 内蔵SSD ( 500GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT500MX200SSD1

あとは、Macが分解できる代物なのかどうか。(というか、SSD買う前に調べとけって話ですね。)



Macの分解には専用のドライバーが必要

表のネジは精密ドライバーの+でいけるようだったのでおっけーかな?と気軽に考えておりました。

ちこのMacbook Pro(13インチ)は、Retina直前のCore2Duoです。カバーのねじは精密ドライバーの+ねじが必要。100金でも売っているが、強度などを考えると比較的ちゃんとしたものがほしいところ。ねじ穴が小さいだけに、なめてしまうと取り返しがつかない。
ちゃんとしたものがほしい方はこちらがおすすめ。

アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450

やっぱりセットで購入がお得!と思う方はこちら。

ベッセル(VESSEL) 精密ドライバーセット TD-56


お名前.com
と、これだけでは分解できません。ハードディスクを取り外すには、トルクスドライバーが必要になります。星型のねじなんですね。なんでノートパソコンごときにこんなややこしいねじを使ってんだ!と吠えたくなりますが、そこは堪えてドライバーを入手しておきましょう。

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

精密ドライバーもセットでお買い得!だと↓。でもちょっと使いにくい。先端部の差し込みがきついと抜くときにペンチがいります。

Geekbuying 30 in 1 精密ドライバーセット(iPhoneにも対応)

以上を用意しておけば、分解は問題なしです。

工事開始

さて。分解。もう、傷だらけのMac君です。。。

macboook pro

まずは、裏向けにして蓋のネジを外しましょう。ネジの大きさは2種類。それほど紛らわしいサイズではなく分かりやすく大きさが違います。ネジが小さいので丁寧に外して、カンか何かに入れて置いておきましょう。



macbook pro

macbook pro ねじ

おおおっい!ネジをなくしちまったぜ、オイ!

的な凡ミスをされた方もご安心ください。ねじ、売ってます。

holoM ホロム ボトムケース 裏蓋カバー ビスセット交換用 ネジ for Macbook Pro Unibody 13″ 15″ 17インチ A1278 A1286 A1297

まず、背中側が向こうになるように裏返しにしてセットします。ネジ穴をなめないように慎重に取り外して行きます。無事取り外せたら、カバーを外します。カバーには何も付いていませんので、そのまますぅ〜っと外せます。

macbook pro 分解

向こう側がCPUになります。この際ですから、ファン周りがホコリなどかぶっていたら綿棒かなにかで掃除しましょう。(基盤にはあまり触れない方が吉)左手前にあるのがHDDです。黒いマウンターに挟まれていますので、普通の+ドライバーでマウンターを外します。

macbook pro 分解

macbook pro 分解

すると、さくっとHDDが取れました。あとは、SATAと電源のケーブルを丁寧に抜いて、取り外し完了。

macbook pro 分解

取り外したハードディスクの四隅にねじがついています。ねじ穴が小さいのでわかりにくいかもしれませんが、トルクスねじ(T6)です。このねじを外し、新しく購入したSSDに取り付けます。新しく購入したSSDにケーブルのソケットを繋ぎ、所定の場所へ納めます。最後にマウンターをしっかりと取り付けてセット完了。

macbook pro 分解

macbook pro 分解

macbook pro 分解

ネジのサイズを間違えないように蓋をつけましょう。

システムの復旧





ここでは、Time Machineを使った復旧を説明します。まず、OSの入ったDVDとTime Machineのバックアップが入ったUSB HDDをセットし、DVDから起動します。起動の時、

command ⌘ + R を連打しながら電源を入れます。

悲しいかなOSのインストール画面が出てしまった場合は、「ちくしょー、このやろう」とつぶやきながら、再度トライしてください。成功すると下の様なユーティリティー画面が現れます。

macbook pro 復旧

今の状態ではSSDがセッティングできていません。ディスクのセットアップが必要になります。そこで、ユーティリティのディスクユーティリティを使用します。ディスクユーティリティの消去タグを選択し、SSDを一旦消去します。これが不思議な操作だなと思う。フォーマットするのに消去?とは。すぐに分かるのですが、消去とフォーマットを同時に行っているようですね。(windowsで言うfdiskとformatコマンドを同時に実行する感じなんでしょうか)ここでは新しく入れ替えたSSDのCrucial_CTL…を選択して消去します。

↓消去画面
macbook pro ディスクユーティリティ

消去が完了すると、一度再起動します。

DVDからそのままサラピンでインストールする場合はそのまま再起動。Time Machineから復元する場合は、command ⌘ + R を連打しながら電源を入れ、OS Xユーティリティから復元します。

↓復元完了
macbokk pro 復元

OSはサラからインストールした方が余計なものがくっついていないので速度も速くなりますが、その他もろもろの復元が手作業になりますので、面倒な方は超便利な Time Machineを使いましょう。ちなみに、Time Machineからの復元(約250GB)で4時間位かかりました^^;

感想

専用の工具が要ること以外は、非常にスムーズにできました。Time Machineのおかげだと思いますが、復旧も楽ちん。

SSDに交換後のスピードは、もう、歴然です。古いMacでもSSDでよみがえりますよ!!

起動も倍くらい早いし、アプリの起動なんて、もうサクサク。メモリの増設もいいかな?と思いますが、コスパ考えたらSSD化の方がいいように思います。これで、ちこのMacも寿命が延びたので、まだまだ現役で活躍してもらいます。

SSD化、絶対におすすめです!!!